オリジナル紙袋について
店舗運営においてオリジナル紙袋は絶対必要です。

医院開業と開業コンサルタント

This page created 1月 22nd 2013

昨今は分野に関わらず独立開業が盛んです。
それと同時に開業を支援するコンサルタントの存在も一般的になってきました。
開業コンサルタントを行っているのは大抵が公認会計士ですが、中には医院開業を専門、もしくはメインに扱っている開業コンサルタントもいます。
医師という職業は屈指の高収入安定職と理解されていますが、同時に競争も激しい業界です。
特に親から譲り受ける医院がなく、土地や物件探しからスタートする新規開業においては、資金調達から場所選びまで、初期の選択がその後十年単位で続く経営状況に大きな絵一興を及ぼすことになります。
そのため、医院開業の時点で適切にコンサルティングを受け、その後も継続してアドバイスをもらうアドバイザリー契約を結んでいる医師は増えています。
では、医院開業の際に重要と思われる検討事項をみていきましょう。
医院経営においてもっとも重視すべきファクターの筆頭は場所です。
ただ「こういうところで病院をやりたい」ということだけで考えると、よほど特殊な希望をもっていない限りは「競合」という問題にぶつかります。
住宅街のある駅の近くなど、条件がいいと思われるところには、すでに競合の医院が多くあるのが普通で、またさらに自分のあとからの新規参入もあるかもしれません。
もちろん科によって、高齢化と少子化の影響を受けることは確かですから、整形外科ならまだ参入の余地があるけれども小児科にはない、といった事例も考えられるでしょう。
従って、場所を探す際には平行して「医院のコンセプト」を明らかにしておかなければなりません。
昔は「内科」「小児科」など、一般的な科目名を「○○医院」といった病院名に次いで表示するというのが普通でしたが、最近では他のクリニックとの差別化をはかるために、コンセプト自体を前面的に押し出すという傾向にあります。
例えば、前出の内科と小児科を診察する「ファミリークリニック」、婦人科外来と心療内科の外来を行っている「レディースクリニック」等、コンセプトを医院名にすることも多いです。
これは看板効果だけではなく、ネット時代において、検索結果の上位に表示されるというSEO対策も兼ねた方策といえます。
リピーターの獲得には当然病院の対応と医師の実力が問われるわけですが、場所にあった病院作りといった観点からはコンセプトありきというのはあながち間違いではありません。
そういった段階からの相談に乗ってくれるのが開業コンサルタントというわけです。


医院開業を専門家に開業のコンサルタントを受けて行う事例が急速に増えています。
医院経営の成功は開業段階でほぼ決まるといっても過言ではないという状況を受けてのことではありますが、事例が増えている背景には、無料コンサルティングの存在があります。
コンサルティングが無料になる仕組みとしては、大きくわけて2通りあります。
1つは医療機器メーカーや住宅メーカー、医薬品卸会社、設計事務所等が、自社の製品を購入してもらうかわりにコンサルティングを行うもの。
もう1つは、会計事務所が、開業後の顧問契約を結ぶことを条件に、開業支援を無料で行っているものです。
前者は、各社ごとにそれぞれが今までの経験で培ったノウハウをコンサルティングに生かすべく、アピールを打ち出しています。
ハウスメーカーであれば診療圏の調査や土地活用といった分野に強く、関連の税制にも理解が深いです。
また、独自の開業ローンの提供をしていたり、競合医院がなく、初期費用が少なくてすむことから最近注目されている「レントハウス」の紹介を受けることもできます。
このレントハウスについては、ハウスメーカーや提携の会計事務所以外には情報が出回ることがなく、自力でみつけるには非常に困難なことから、ハウスメーカーにコンサルティングを頼む場合の大きな利点の1つ言えるでしょう。
医療機器の販売会社やリース会社であれば、当然最新鋭機器の情報が豊富であり、また一切の医療機器をまとめてリースできるようなサービスや、関係士業の紹介等も行ってくれます。
医薬品会社は専門分野である流通の観点からの支援が可能でしょう。
インテリア会社の医院開業支援も、ブランディングや女性やファミリー層に適した医院コンセプトの提案の面から注目されていて、リフォームの提案もバリエーションがあります。
一方、会計事務所の医院開業コンサルティングでは、開業コンサルティング自体も有料、もしくは開業後の顧問契約を条件に無料、とさらに2通りの形態があります。
どちらがいいかということは一概には言えませんが、税務関連、先々の事業承継、従業員の雇用計画など、医院経営には懸案事項も都度発生しますので、どのみち税理士に税務会計を頼むということになるのであれば、専門の会計事務所と開業支援の時点から契約を結んでしまうのも、賢い選択といえるでしょう。
有料、無料、専門かそうでないかに関わらず、選ぶ目安になるのはやはり実績です。
実績から吟味し、開業と開業後に関して適切なアドバイスをもらえるコンサルタントを選ぶことが重要です。

Previous Entry

医院開業においては既存の医院と連携すると効率よく運営していく可能性が高まるので既存の医院にとっても望ましいことであります。
そう考えると医院開業は引っ越しに似ているところがあります。
たとえば引っ越し先の挨拶回りをしっかりしなければ近所付き合いが悪くなりいざというときに助け合える可能性が低くなります。
ただ既存の医院が医院開業においてプラスに作用するとは限らないため少し距離を置いておくほうが望ましい場合もあります。
そう考えると既存の医院の存在はこれから医院開業すると考えた場合における参考資料として考えるにとどめておきむやみに接触を図る必要性は低いと考えられます。
そうすると何者にも拘束されず自由に社会に求められるような医院を目指すことが出来ます。
ただ何者にも拘束されないといっても医院は公共事業的要素が強く公益に反することは許されません。
そしてその医師の行為は社会的にもしっかりとしたものが求められるため医院開業をするにあたってはその医師の存在には十分に注意をしておく必要性があります。
そしてその技術や信頼が認められればより良い環境で仕事をすることが出来るように社会からも求められるので医院開業して優先して意識すべきことは既存の医院の存在ではなく社会そのものであるといえます。
その社会そのものは既存の医院も含まれる広い概念でありそれは医院には平等主義が求められている現れであるとも考えられます。
そうした医院の在り方について強く影響力を及ぼす存在は国や政治家などの存在でありそのあたりをしっかり理解したうえでなければ医院開業は難しいかもしれません。
ただ現在は医師不足であり医院の存在も医師の数を増やすためには必要とされるので医院開業をしやすくなっていると考えられます。
そしてそういった事情が追い風となるので既存の医院からも歓迎されるものであり医院開業をするに際しては既存の医院から開業者へ接触するということも十分考えられます。
そういった場合は開業者は強気の姿勢のままでいることができるので開業後のモチベーションも良い状態になると思います。
つまり医院開業してしまえば消極的な姿勢で医院経営を行っていくことができますので余計な負担をどんどん減らしていくことができると考えられます。
しかし医院経営は消極的でも医療行為全てにおいて積極性を排除してしまうことは社会から批判を受けるものとなると思います。
とにかく医院開業するなら社会を意識しておく必要性は高いのでまずはそのあたりに力を入れていけば良い医院を実現できると思います。

Next Entry

最近のコメント
    アーカイブ