オリジナル紙袋について

医院開業は人がするもの

医院開業をするためには、場所施設人材などの準備が必要でありそれにはそれなりの金が必要になります。
医院開業し経営していくためには、その三大要素である「ヒトモノカネ」がとても重要になってきますし、そのどれが欠けてもうまくいきません。
例えば、施設がしっかりしていて予算も十分なのにそれを使う人がいなければ何にもなりません。
人と金があっても医療行為を行うための道具や設備などが無ければ医院として十分に力を発揮できません。
また、人とモノが十分であっても医療行為を継続させていくためには金が必要であり、これが無ければモノを新たに仕入れることも人を雇い続けることも出来ません。
これを、三大経営資源といいます。
これがしっかり調和できるように医院開業しなければならないといえます。
これは三大経営資源調和の原則といわれますがこれは医療の分野のみならずその他の分野においても共通して言われることなのでそれほど抵抗なく理解いただけると思います。
医療においてほかの経営などと異なる部分というのは、まさに医療行為を行うということであり、モノに関しては医療行為ならではのものを揃えなければできません。
また患者のカルテなどの扱いにも注意しなければいけません。
そうでないと、なにかとんでもない過ちを仕出かすことも考えられます。
医療行為は直接身体へ有形力を行使する行為であるため、社会的にもより慎重さが求められる行為であり単に医院開業したからと言っても注意しなければならないことがたくさんあります。
これはまさにヒトの問題であり医師資格をもったヒトがスタッフとしてしっかり存在する必要性をあるといえます。
そもそも昔は医師が居ればその時点で医院開業しているとみられており、現代社会における医療ほどしっかりした設備やシステムは構築されていませんでした。
しかし、それが医療とみられるということはヒトがしっかりしていたからであると考えられます。
そしてヒトがしっかりしているからこそそれに協力する人が現れモノやカネが集まるという流れが自然でありそうあるべきであるとも考えられます。
ようするに、これから医療開業をすることを考えるならばヒトを中心に考える。
そして、まずは適正な能力を持ったヒトを確保しそのヒトが求める環境を整備していくように考えなければなりません。
もしも、それが逆になると後から訂正する必要性がありそれは二度手間や余分な経費を出資してしまうことを意味します。
そのため医院開業するならばそうならないようにヒトを中心に考えておく必要性があるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Scroll To Top