オリジナル紙袋について
店舗運営においてオリジナル紙袋は絶対必要です。

医院開業は人がするもの

This page created 1月 22nd 2013

医院開業をするためには、場所施設人材などの準備が必要でありそれにはそれなりの金が必要になります。
医院開業し経営していくためには、その三大要素である「ヒトモノカネ」がとても重要になってきますし、そのどれが欠けてもうまくいきません。
例えば、施設がしっかりしていて予算も十分なのにそれを使う人がいなければ何にもなりません。
人と金があっても医療行為を行うための道具や設備などが無ければ医院として十分に力を発揮できません。
また、人とモノが十分であっても医療行為を継続させていくためには金が必要であり、これが無ければモノを新たに仕入れることも人を雇い続けることも出来ません。
これを、三大経営資源といいます。
これがしっかり調和できるように医院開業しなければならないといえます。
これは三大経営資源調和の原則といわれますがこれは医療の分野のみならずその他の分野においても共通して言われることなのでそれほど抵抗なく理解いただけると思います。
医療においてほかの経営などと異なる部分というのは、まさに医療行為を行うということであり、モノに関しては医療行為ならではのものを揃えなければできません。
また患者のカルテなどの扱いにも注意しなければいけません。
そうでないと、なにかとんでもない過ちを仕出かすことも考えられます。
医療行為は直接身体へ有形力を行使する行為であるため、社会的にもより慎重さが求められる行為であり単に医院開業したからと言っても注意しなければならないことがたくさんあります。
これはまさにヒトの問題であり医師資格をもったヒトがスタッフとしてしっかり存在する必要性をあるといえます。
そもそも昔は医師が居ればその時点で医院開業しているとみられており、現代社会における医療ほどしっかりした設備やシステムは構築されていませんでした。
しかし、それが医療とみられるということはヒトがしっかりしていたからであると考えられます。
そしてヒトがしっかりしているからこそそれに協力する人が現れモノやカネが集まるという流れが自然でありそうあるべきであるとも考えられます。
ようするに、これから医療開業をすることを考えるならばヒトを中心に考える。
そして、まずは適正な能力を持ったヒトを確保しそのヒトが求める環境を整備していくように考えなければなりません。
もしも、それが逆になると後から訂正する必要性がありそれは二度手間や余分な経費を出資してしまうことを意味します。
そのため医院開業するならばそうならないようにヒトを中心に考えておく必要性があるといえます。


医院開業においては既存の医院と連携すると効率よく運営していく可能性が高まるので既存の医院にとっても望ましいことであります。
そう考えると医院開業は引っ越しに似ているところがあります。
たとえば引っ越し先の挨拶回りをしっかりしなければ近所付き合いが悪くなりいざというときに助け合える可能性が低くなります。
ただ既存の医院が医院開業においてプラスに作用するとは限らないため少し距離を置いておくほうが望ましい場合もあります。
そう考えると既存の医院の存在はこれから医院開業すると考えた場合における参考資料として考えるにとどめておきむやみに接触を図る必要性は低いと考えられます。
そうすると何者にも拘束されず自由に社会に求められるような医院を目指すことが出来ます。
ただ何者にも拘束されないといっても医院は公共事業的要素が強く公益に反することは許されません。
そしてその医師の行為は社会的にもしっかりとしたものが求められるため医院開業をするにあたってはその医師の存在には十分に注意をしておく必要性があります。
そしてその技術や信頼が認められればより良い環境で仕事をすることが出来るように社会からも求められるので医院開業して優先して意識すべきことは既存の医院の存在ではなく社会そのものであるといえます。
その社会そのものは既存の医院も含まれる広い概念でありそれは医院には平等主義が求められている現れであるとも考えられます。
そうした医院の在り方について強く影響力を及ぼす存在は国や政治家などの存在でありそのあたりをしっかり理解したうえでなければ医院開業は難しいかもしれません。
ただ現在は医師不足であり医院の存在も医師の数を増やすためには必要とされるので医院開業をしやすくなっていると考えられます。
そしてそういった事情が追い風となるので既存の医院からも歓迎されるものであり医院開業をするに際しては既存の医院から開業者へ接触するということも十分考えられます。
そういった場合は開業者は強気の姿勢のままでいることができるので開業後のモチベーションも良い状態になると思います。
つまり医院開業してしまえば消極的な姿勢で医院経営を行っていくことができますので余計な負担をどんどん減らしていくことができると考えられます。
しかし医院経営は消極的でも医療行為全てにおいて積極性を排除してしまうことは社会から批判を受けるものとなると思います。
とにかく医院開業するなら社会を意識しておく必要性は高いのでまずはそのあたりに力を入れていけば良い医院を実現できると思います。

Previous Entry

医師になったら医院開業をしたいと思っている人は少なくありません。
その道のりは長いものとなるでしょう。
医師になるには、大学医学部6年生を卒業して、医師免許を取得する必要があります。
しかし、その後は研修医制度などを利用して、大学病院や総合病院に勤務しなければなりません。
一人前の診療ができる医師になるには、すべてストレートで通過しても、30才前後となることが少なくないでyそう。
なおかつ、あらゆることに対応できるようになるためには、それ以上の年月を必要とする場合が多いと言えるでしょう。
しかし、あらゆる経験を積んだからこそ、信頼のできる医者になることができ、医院を開業したときに地域の信頼を勝ち取ると言っても過言ではありません。
また、医院開業のためには経験だけではありません。
資金面も必要となってきます。
医師は給与が高いと言われていますが、拘束時間の長い職務とも言われています。
そのため、体力的にも精神力的にも強くなくてはいけません。
収入を得たら、貯金している人も少なくありません。
いろいろな目的があるかと思いますが、医院開業のための資金を貯めている人が多いと言えるでしょう。
大学病院は拘束時間が長いですが、開業医になるとおおよその診療時間が決まってきます。
日祝日も休みを設定しないところもありますが、基本的には週2日の休みを設ける医院が多いようです。
そのため、開業をした方が年齢を重ねたときを考えて、安全策を取れると言ってもいいでしょう。
しかし、医院開業には多額の資金を必要とします。
診療科目によってことなってきますが、おおよそ1億円前後かかることが多いようです。
そのため、できるだけ資金をためておくのがいいでしょう。
そして、開業するにあたって施設備品を用意しなければなりません。
これらの医療器具は、専門知識や専門業者でなければ集めることはできません。
また、大学病院では資材課などがあり、ここで資材の調達を行っています。
そのため、医師は施設備品に関してあまり関与しなくていい立場でした。
しかし、医院開業にあたってはそうもいっていられません。
そんなときは、施設備品を提供してくれる医療開業コンサルティングのような会社に委託するといいでしょう。
業者選びも物品調達も、会社ひとつ通すだけで、非常に快適にそろえることができます。
医院開業にあたっては、いろんな準備を必要とします。
しかし、これらの経験やサービスを使うことによって、夢の医院開業を行うことができます。

Next Entry

最近のコメント
    アーカイブ