オリジナル紙袋について

医院開業コンサルタントの種類

医院開業を専門家に開業のコンサルタントを受けて行う事例が急速に増えています。
医院経営の成功は開業段階でほぼ決まるといっても過言ではないという状況を受けてのことではありますが、事例が増えている背景には、無料コンサルティングの存在があります。
コンサルティングが無料になる仕組みとしては、大きくわけて2通りあります。
1つは医療機器メーカーや住宅メーカー、医薬品卸会社、設計事務所等が、自社の製品を購入してもらうかわりにコンサルティングを行うもの。
もう1つは、会計事務所が、開業後の顧問契約を結ぶことを条件に、開業支援を無料で行っているものです。
前者は、各社ごとにそれぞれが今までの経験で培ったノウハウをコンサルティングに生かすべく、アピールを打ち出しています。
ハウスメーカーであれば診療圏の調査や土地活用といった分野に強く、関連の税制にも理解が深いです。
また、独自の開業ローンの提供をしていたり、競合医院がなく、初期費用が少なくてすむことから最近注目されている「レントハウス」の紹介を受けることもできます。
このレントハウスについては、ハウスメーカーや提携の会計事務所以外には情報が出回ることがなく、自力でみつけるには非常に困難なことから、ハウスメーカーにコンサルティングを頼む場合の大きな利点の1つ言えるでしょう。
医療機器の販売会社やリース会社であれば、当然最新鋭機器の情報が豊富であり、また一切の医療機器をまとめてリースできるようなサービスや、関係士業の紹介等も行ってくれます。
医薬品会社は専門分野である流通の観点からの支援が可能でしょう。
インテリア会社の医院開業支援も、ブランディングや女性やファミリー層に適した医院コンセプトの提案の面から注目されていて、リフォームの提案もバリエーションがあります。
一方、会計事務所の医院開業コンサルティングでは、開業コンサルティング自体も有料、もしくは開業後の顧問契約を条件に無料、とさらに2通りの形態があります。
どちらがいいかということは一概には言えませんが、税務関連、先々の事業承継、従業員の雇用計画など、医院経営には懸案事項も都度発生しますので、どのみち税理士に税務会計を頼むということになるのであれば、専門の会計事務所と開業支援の時点から契約を結んでしまうのも、賢い選択といえるでしょう。
有料、無料、専門かそうでないかに関わらず、選ぶ目安になるのはやはり実績です。
実績から吟味し、開業と開業後に関して適切なアドバイスをもらえるコンサルタントを選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Scroll To Top